自分で修理するデメリット

結局壊れてしまう可能性がある

ipnoneを自分で修理することは、決して不可能ではありません。機械や電機系に強ければスムーズに修理できますし、何より出費額を大幅に減らすことができます。修理は時に数万円ほどかかる場合があるので、そのお金が浮くのは喜ばしいことです。
しかし、見よう見まねで修理する場合はもちろん知識があっても完全に直るとは限りません。直らず、更に他の部分にも悪影響を及ぼして壊れてしまうと結局買い替えることになります。当然修理費よりも購入する方が高いので、最初から業者に頼んでおけば良かったという後悔が生まれてしまいます。簡単な修理であれば挑戦の価値ありですが、出費を渋って手探りで修理するのでれば、頼んだ方が良いかもしれません。

保証外になる可能性が高い

iphoneを購入すると他の電化製品と同じように保証があります。もし何らかのトラブルが発生しても、保証期間内であれば無償修理をしてもらえます。しかし、一度iphoneを分解して部品が変わっていたりするとすぐに業者は分かります。分解したことによって不具合が発生した可能性も否定できないので、保証外にするしかないのです。そもそも自分自身で分解しておいて、故障したから無償修理を依頼するというのも常識的に無理がある話です。保証期限が過ぎており、いつ買い替えても良いという場合は自己責任で修理するのも悪くありません。
ただ、基本的にはデメリットだらけであると認識する必要があります。正規店に修理依頼するのが一番安全です。

iphone修理を青森で探すなら、青森駅前にデータや設定はそのままで、30分で修理する修理屋さんがあります。