iphoneの調子が悪い時や、落としてしまった時、まだ使えるようなら修理して長く使った方がお得ですよね。ここでは、iphoneを修理する時に取れる方法を紹介していきます。いざという時、参考にしてみてください。

お店で修理

携帯ショップ修理のメリット

携帯ショップ修理のデメリット

iphoneの修理をするには

iphoneの修理をするには携帯ショップに持っていくか、又はネットなどで修理を依頼する事もできます。修理料金も保険に入っていれば故障個所によっては安くすむ事もありますが、まずは相談に行くのが一番です。

自分で修理

自分で修理するメリット

自分で修理するメリットは、お金がほぼかからないことです。使う工具や部品に関しては自分で用意する必要がありますが、人件費や修理費などは一切かかりません。修理内容にもよりますが、数千円から一万円程度お…

Read more »

自分で修理するデメリット

ipnoneを自分で修理することは、決して不可能ではありません。機械や電機系に強ければスムーズに修理できますし、何より出費額を大幅に減らすことができます。修理は時に数万円ほどかかる場合があるので、…

Read more »

修理に必要な技術は?

壊れてしまったiphoneを復活させたいと思ったときに、修理店に持っていくのではなく、自分で直すことを選択するチャレンジャーもいるはずです。もしも、自身で修理したいと考えるのなら、まずは自分の手先…

Read more »

携帯ショップ修理で直せる限界は?

まずは携帯ショップの修理対応をチェック

携帯ショップは全国各地に点在している為、多くの方にとって携帯ショップが身近な存在になっていると言えます。その為、iPhoneに何らかの故障が発生した場合には携帯ショップ経由で修理を依頼したいと考える方も少なく無いのでは無いでしょうか。携帯ショップでiPhoneの修理を依頼する際に注意をしたいのが、そのお店が店頭修理を行なっている店舗かそうで無いかと言う点です。店頭修理を行なっている店舗であれば、その場で修理をしてもらう事が出来ますが、そうで無い場合は修理自体は店頭では行う事が出来ません。あくまでも受付だけになるので、まずは身近にある店舗がどちらかに該当するのかをチェックする所から始めて見るのが良いでしょう。

改造や正規ルート以外の修理は対応出来ない可能性がある

携帯ショップではどの範囲まで修理を行う事が出来るかと言うと、結論としてはどの様な状態のものでも修理が行えます。厳密には修理が行えない様な状態であれば、保証期間内であれば新品との交換となります。ただし、携帯ショップ経由で修理を行う場合に修理が行えない特殊な例もあるので注意をしましょう。その特殊な例と言うのが改造したiPhoneや非正規ルートで修理を行なったiPhoneを依頼するケースです。メーカー側の推奨する修理状態になっていない為、修理自体を受け付けてもらえないケースがあります。その様な場合は街中にある修理店に依頼をするしか無いので、既に改造や街中の修理店で修理をした事がある方は注意が必要です。